2007年01月02日

VAT法

19世紀に、イギリスで産業革命が起こり
人類は化石燃料を利用するようになりました。

20世紀になると石炭から石油に需要が変わっていきます。

そして、1939年アメリカで経済復興対策としてVAT法が制定され動物実験を行うことを条件に日用品に石油原料の化学物質を使用することを
各企業に認可出来る様になりました。

戦後は日本にもVAT法は適用され、何万種の化学物質が生まれ、それが人体にどのような影響があるか、詳しく調べられないまま身の回りの日用品に使われています。

癌研究の権威であるサミュエル・エスプタイン博士は、
「いくら食生活に気をつけても、日用品の化学物質を遠ざけなければ癌の発病率は下がらない」
と警鐘を鳴らしています。

続きを読む
posted by 疾風迅雷2002 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。